漫画と北国とわたし

ゴールデンカムイの考察だの感想だの聖地巡礼だのをつれづれと。本誌ネタバレ含みます。

【本誌ネタバレ】172話感想

本誌感想です。
今回は穏やかに書きますね!!



今週は土方組のターン。というか門倉さんとキラウシニシパのターン。

簡単なあらすじ。今回は勢いのある回だったので一気にいきます。
門倉さんとキラウシニシパは土方さんと牛山さんを探しにいきます。
二人は阿寒湖周辺に潜伏している 囚人・関谷輪一郎についての話をします。非常にコミカルに。
関谷は毒使いの模様。
回想で親分が出てきました。(ちょっとテンション上がった。)
ワカサギ釣りと、フィギュアスケートの少年。
この少年に土方さんの目撃情報を聞きます。

関谷は土方さんに、牛山さんを人質に毒の入った繭ロシアンルーレットをもちかけます。
土方さんは一度断りますが、「牛山に同じことを言ったら素直に飲んだ」と、「試してみろよ 自分の運を」と言われて不敵な笑みを浮かべた土方さんはロシアンルーレットにのります。
倒れる土方さん。毒は致死量のトリカブトだそうです。

で、話は門倉さんとキラウシニシパに戻って、門倉さんは諦めて帰ろうと。諦め早い(笑)
関谷は顔を知られてないキラウシニシパに毒入りワカサギを渡しますが、門倉さんが転んでワカサギは全部海の中へ。
なんと門倉さん、「凶運の持ち主」。
昔からそうだったらしく、もう諦めているとのこと。

そして、場面変わって牛山さん。
自力で脱出します。「う~だ~」って。ゾンビ(笑)


今週はここまでです。


なんか何の憂いもなくただひたすら笑いました!!

ひとえに門倉さんの力なのかなと思います。
めちゃくちゃコミカル。
結果として門倉さんの凶運が自分とキラウシニシパを救ってるわけだからすごい。
関谷に試された運は、試す間もなく水泡に期してるわけで、とんでもないですね門倉さん。
無意識ですごいことやってるあたりが誰かさんを彷彿としますね。
鯉登少尉が陽の力で周りを救うとしたら、門倉さんは陰の力で周りを救う力がある、みたいな気がします。幸運と凶運。
土方さんもそれを見越して仲間にしたみたいなところもあるのだろうか。
一緒に戦ったという門倉さんの父親が凶運の持ち主だったとして、それを門倉さんも継いでるとして、土方さんはそれを知ってて、みたいな。
それだけでなく、関谷に「運を試してみろ」と言われて笑ったのは門倉さんの凶運を知っていたから、とかだったら土方さんすごくないですか?

あとキラウシニシパと門倉さんの掛け合いが最高!おじさんとおじさんなのに少年のような会話してるの。
比較的ダンディーな二人かと思いきやこの二人もやっぱり「男はいつまで経っても…」の体現者なのですね。
キラウシニシパの「門倉~チカもらった~」がとんでもなくかわいくてびびりました!!
キラウシって殺伐とした感じで登場したのに!
ほんっと、金カムキャラはこういうところがいいですよね。多面的。

ところで凶運門倉さん、もしかしたら凶運のせいで色んなことを諦めてきたのかなぁとも思ってちょっと切なくもなりました。
どうせ俺は…って思いつつもあんなに明るく生きられるのはすごいよ!!
そして網走で狸を演じて来たらしいけど見たところ結構素で狸な気がする(笑)
…それにしても急に「凶運」てすごい設定ぶっこんできて読んですぐは心が追い付かなかったです(笑)


そして土方おじいちゃんも牛山先生も絶対大丈夫でしょ!!と、思える安心感がありますね。
土方さんは毒効いたふりしてるだけか、もしくは毒に耐性あるかなんかそんな最強なことになりそうな気がしてならない。
最強の二人+凶運、ですからね。余裕ですぐ解決しそうな気がしますがどうでしょうかね。
門倉さんがキーパーソンになるのは間違いない。

それにしても牛山さんは土方さんを人質に取られたら毒ロシアンルーレットやるんですね…でも関谷「土方さんは牛山のために毒飲んだ」とか嘘ついてそうですが…
なんにせよ土方組はみんな土方さんに対するリスペクトがすごいなあと思うんですけど、。
土方さんはどうなんだろうな。
仲間思いの人なんだけど、一度仲間を失ってるから干渉しないとかだと泣けますね。



簡単ですが、今週はただひたすら楽しかった、ということで!!
来週も楽しみです♪