漫画と北国とわたし

ゴールデンカムイの考察だの感想だの聖地巡礼だのをつれづれと。本誌ネタバレ含みます。

【本誌ネタバレ含】尾形の目的考察ver.2

前回の考察から一週間ちょいしか空いていませんが、
樺太目的じゃない目的だったらどんなだろと考えて考察してみます。

おれ、このブログを尾形の本当の目的が分かるまで延々右往左往するブログにするんだ…!!!



さて、今回の注目ポイントは、尾形が髪の毛を伸ばした理由「解放感」です!(ゴールデンカムイ公式HPより)


解放感とはなにからの?
とひたすら考えてみましたところ、やはりここは軍、第七師団からの解放なのかなあと。

だとしたら、彼は軍の命令で動いてるわけではないんじゃないの?と思ったわけですが(思ったわけですがとか言ってるけど一週間前は中央の命令でとかノリノリで言ってたよねこの人…と自分で思う。)、じゃあ何目的よ?と頭を巡らせてみました。


結論から言えば尾形が金塊ほしいのって、ただ単にお金が必要というだけかも?
もっと言えば、自由にやりたい、みたいな。


きっと尾形は軍にはいたけど(上等兵で杉元より年上だから徴兵中ってことはなく自分の意思で軍にいるはず)組織が嫌い。
そしてそれを気づかずにいままで過ごしてた。

でも金塊巡ったいざこざで成り行きで軍から抜けることになった途端、解放感がすごくてもう自由になろう、みたいな。


軍から抜ける以前にまずもって尾形は鶴見中尉の元を離れたかったとは思う。

鶴見中尉は尾形を軍神の息子として崇拝対象にしたてようとしていたわけで、本当に野心が強ければそれでよかったんだろうけど、尾形は違った。

軍にいたままではどこまでも父親の影が付きまとう。
父親を殺して巣立ちをしたのに、鶴見中尉の元にいては本当の自由は手に出来ない。

そもそも軍に入ったのだって、祝福された人生があったのか、ただ確認したかっただけで、祝福されたいとかは特になくて。
確認できたから、もう軍に入った目的は達成されてる。

目的が達成された以上もう大人しく軍にいる意味もない→鶴見隊から離脱→解放(ひゃっほーい髪も伸ばすぜ)


そしたらもう自由がほしくて、あらゆるしがらみから逃げたいからお金がほしい=金塊狙っとこ、みたいな。

それもたくさんじゃなくて、杉元みたいに、二百円くらいでいい。

……だとしたらなんか泣けるなあ。



尾形は色々ネジ飛んでるわけだけど、純粋な人だなあと思うのです。すごいプライド高いあたりも。
そして自由を求めてる。
孤高で、山猫だもの。


目的はだから、軍にいたままでは手にすることができない、呪われた人生からの解放、なのかも。


でもそれはきっと自分が死ぬこととも同義で、解放されればなんでもよくて、
だから江渡貝くぅんの家で殺されかけた時も笑っていたのかも?と思います。

そのあたり自分や他人の命に対する尾形の独特な(てかサイコパスな)考えが透けてみえますね。



…ふと思いましたが仮に目的が呪われた人生からの解放だとしたら、
存在を祝福されればそれも解放になるのかなあ。


以下妄想。(妄想じゃないことが一度でもあったか?って感じですが)




祝福のされ方としてはきっと、尾形が死にかけてアシリパさんが「死ぬな尾形」ってなって、尾形は、自分に死んでほしくないと思ってくれる(死なれたら困る、みたいな利用価値に準ずるものじゃなくて純粋な気持ちで)存在があるんだよかったなぁ…ってなる。その後死んでも死ななくてもこれで彼は救われるのではないかなあ。

その流れならきっとすぎに助けられる
→死地を抜ける
→起きたらすぎに、アシリパさんがお前を死なせたくないって言ったからだからね、勘違いしないでよね!とか言われる。尾形泣く。



……だとしたらすげー泣けるんですけど!(ひたすら妄想)

アシリパさぁん…


その後はきっと瀬田宗次郎(るろ剣)みたいな感じで放浪の旅に出るのかな?
北の方へ行ってみるかっつって北海道より北かよ満州か?


きっとキロちゃんとかも最終的に満州いくかなーどうかなー


というわけで(?)、尾形の目的第2弾でした。
第3弾第4弾もきっとまた別のこと言い出すでしょう(笑)



第1弾はコチラ↓
mochikuchen.hatenablog.com

第3弾はコチラ↓
mochikuchen.hatenablog.com